さてさて、妊婦白書に引き続き今回は産院編です。

前回の記事にいつもより多く拍手をもらってたので今回も頑張ろう!と意気込んでみたのですが、いざイラストを描くとなると記憶があまりにもおぼろげで何の資料もなく、なんならいつもより残念な記事になってしまいました。。。(先に言い訳。。)

産院も私が行っているところのみの情報なので、前回に引き続き個人的な記録程度に見て頂けたら嬉しいです!




・妊娠2ヶ月~3ヶ月・

始めて産婦人科に行く。
びっくりする位のおじいちゃん先生に遭遇。
saninmatome1.jpg



妊婦検診といえばお腹の上からぐりぐりしてモニターで見るイメージがありましたが、まだそんな事が出来るほど赤ちゃんが大きくないので初めは内診台からスタート。いきなり羞恥心を捨てなければいけません。
2回目の検診の時、「子宮頸がん検査はしていますか?」と聞かれて、していないと答えるとその場で検査される。

この時点では、まだ妊娠確定という事ではないので、うちの病院では「おめでとうございます!」とかも一切言われなかった。とにかくこのおじいちゃん先生がGOを出さない限りは、健診あるのみ。




・妊娠3ヶ月~・

おじいちゃん先生のGOが出て妊婦健診が始まる。
やっとおめでとうって言ってもらえた。
母子手帳は区役所で・・・と雑誌の情報で思っていたが、あっさり産院で発行してくれた。(老舗だから・・・?)


saninmatome2.jpg


妊婦健診が始まると毎回尿検査、体重測定、血圧、むくみ検査(すね辺りを押される)、腹囲・子宮底長測定、胎児の心音確認、先生の内診(ここまでくるとお腹から)が毎回行われます。あ!一回目は血液検査もあり、結構な量取られます。

私は普段一日のトイレの回数がすごく少ないので、毎回当たり前にやってくる尿検査が一番のストレスでした。
病院に行きながら水がぶがぶ飲んでました。。
お腹が大きくなるにつれて膀胱が圧迫されるので、トイレがめちゃくちゃ近くなり、心配無用になります。





いつもの検査が終わったぜ☆と一安心してたら、
saninmatome3.jpg
こんなんが急にくる。


この時はいきなりの乳房チェックでした。(私今回の記事乳房だの、膀胱だの・・・)
女性としての扱いは「母」です。「乙女」ではありません。

色んな検査がいきなりやってくるな、、と毎回ドキドキしていましたが、よくよく妊婦健康診査助成券(母子手帳と一緒に発行される)を見てみると、券自体に番号が書いてあり、それにその時何するかが書いてあるので(01 基本健診・妊娠初期血液検査助成券 等)、大体の流れはこれを見ればわかることを最近発見(遅い)。

健診の時の衣服に関してですが、私は上下分かれた服・下はスカートを毎回穿いていってます。妊婦さんってなんとなくワンピースのイメージありますが、健診に穿いていくとお腹からのエコーとか中々大変かと思います。


こんな感じでこれまでのまとめは以上です!
次回の健診は恐怖の貧血・血糖検査が待っています。最近体重もどんどん増えていってるし、心配事が山のよう・・・。


↓ブログランキングに参加してます↓

ぽちっと押して応援頂けるとランキングの順位が上がり、更新の励みになります!

banner(H26).png

いつもありがとうございます!ぽちっとしたよ~という方にサービスショット。。↓↓







初めに診察してくれたおじいちゃん先生。
手もプルプル震えてて、書いた字も全然読めませんでした。

・・・え?大げさに言ってるんじゃないかって?
では証拠写真をどうぞ。。。

IMG_4545_convert_20150213134459.jpg


これを見ながらしろくま君に診察の結果を説明したもんだから、
saninmatome4.jpg



なんか私があんまり先生の話聞いてないみたいじゃないか。



↓こちらにもぽちっとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
にほんブログ村