こんにちは。

前回の記事にコメントありがとうございました!

パパがイクメンなのは素晴らしいことだけど、ちょっとは毎日の大変さを体験して欲しい!・・みんな思いは一緒ですね(笑)

自分だけじゃないと分かり嬉しくなりました^^


さて今日は半年位前の思い出話です。

育児の悩みとその時掛けてもらって嬉しかった言葉。。



○●○●○●○●○●○●○●○●


うりちゃんが3ヶ月になった頃、人見知りが始まりました。

知らない人に会ったり、抱っこしてもらうと大泣きしてしまいます。

私が児童センター的な所に一度も行かず、家で二人だけで過ごしてばかりいるからかなぁ・・と少し落ち込んでいました。

人見知りがコンプレックスなのに、自分の子供にも人見知りになるような環境を作っている・・と思い悩んだり・・

ウジウジするならどこへでも行ったらいいんですけどね。行ったら行ったで楽しめるかもしれないし。

でも中々積極的になれないまま過ごしていました。

そんなある日、うりちゃんを連れてカイロに行った際に先生にこんな言葉をかけてもらいました。。


人見知り1


人見知り2


人見知り3


人見知り4






誰かに自分の育児を肯定してもらえるのってこんなにも救われるんだ。






私が人見知りゆえに、色んな赤ちゃんに会う機会が無いうりちゃん。

そのせいで感情表現が乏しくならないようにしなきゃ!と思い、積極的に話しかけたり笑いかけたりしてきました。

でも誰かに抱っこされて泣いているうりちゃんを見ると、結局私が頑張ったところで人に慣れるわけではないし、泣いてしまうんだよなぁ・・と自分のやり方を否定したりもしました。

初めての育児、手探り状態で奮闘する中、自分のやり方を褒めるなんて上手に出来ない。

そんな時、先生にこの言葉をかけてもらって、初めて自分を肯定する事が出来たのです。


今回の記事、もちろん人見知りしない子=心が成長していないと言っているわけではありません!(*^^*)
(カイロの先生も、私の状況を見て私に合った会話をしてくれたんだと思います)

人に慣れている赤ちゃんはそれだけママがたくさんの人と交流を持たせてあげているのだと思うし、私はそんなママを尊敬します。そうなりたいと憧れます。

でも、そんな風になれないのもまた現実・・

だからといって、自分の育児そのものまで否定する事はないんだな、と先生の言葉を思い出す度に励まされます。


育児は正解がないからこそ、とらえ方・言い方で180度気持ちを変える事も出来るんだと思ったのでした。


↓ブログランキングに参加しています↓

クリックで応援して頂けると順位が上がります。
更新の励みになりますので、よろしくお願い致します~!



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

クリックして頂けるとしろくまブログにポイントが入ります。
クリック後は人気ブログランキングは絵日記ランキング、ブログ村は乳児育児ランキングにジャンプしますので他にもブログをお探しの方はお楽しみ頂けると思います~☆



いつもありがとうございますー!

あ、うりちゃん無事に10ヶ月を迎えました!(我が子の成長余談扱い・・)


↑LINEでこのブログの更新通知が届きます♪
登録して頂けると嬉しいです^^